布ライナー&布ナプキン型紙



布ライナー&布ナプキンを手作りしてみませんか?

型紙にそって生地をカット&縁取りをくるりと縫うだけで
簡単に布ライナーと布ナプキンが出来上がります♪
(袋縫いは縫い代を取って裁断してください。)

必要な材料や作り方など下記で簡単に紹介しています♪

型紙利用につきまして、下記のお約束をお守りください♪

【お約束】



★無料型紙の配布は、ただ今お休み中です。






キャンディへお越しくださりありがとうございます!!


ショップオープン当初から始めた無料型紙の配布ですが、6年間で57000以上のダウンロードをされました。
こんなにも多くの方が布ライナーやナプキンに興味をもってくださり、心より感謝しております!

サイトのお引越しを機に無料型紙の公開について、少し考える時間ができ
これまでと同じように配布するか、それとも違った形で公開するかただ今模索中です。

ハッキリと内容が決まるまで、型紙の配布はお休みとさせていただきます。

作ってみようと楽しみにされ来られた方、大変申し訳ございません。
旧サイトでは沢山の方がリンクや紹介をしてくださり、とても嬉しく思っております。

どのような形になるかわかりませんが、決まり次第ご報告いたします!













型紙
  サイズ18pのミニライナーの型紙です。手作りキットも販売中♪
  布ナプキン型紙です。
ホルダーにする場合はお好みの位置で固定用テープを付けて下さいね。

★PDFデータのダウンロードに多少お時間がかかる場合がございます。
★閲覧にはAdobe Readeが必要です。インストールされていない方はこちらからどうぞ





布ナプキンの作り方 【準備編】



このページでは手作り初心者さんでも簡単に作れる、布ナプキンの作り方を紹介しています。
手縫いでもミシンでもどちらでも、お好きな方でチャレンジしてみて下さいね。
★必ずこうしなくてはいけないという決まりはありません!自分のやりやすい方法で作ってください♪!下記は参考までに♪


■■■ 準備するもの ■■■

・ミシンorお裁縫道具
・布ナプキンの型紙
・布ナプキンに使う必要な材料

必要材料

■肌面・・・ネル・Wガーゼ・ワッフル・ニットなど
■吸収体・・・ネル・パイルなど
■防水・・・防水透湿加工布・撥水布など
■プリント面・・・コットン・綿麻・Wガーゼ・ニットなどお好みでどうぞ♪
■スナップボタンやマジックテープなど
■ホルダーにする場合は、固定用のテープ


★材料はおうちにあるハンドタオルやTシャツなど、不要になった素材でも構いません♪
まずは
の気持ち良さを知るための、布ナプキン作りにトライしてみて下さい!

 
ワンポイントアドバイス 

■型紙は厚紙(画用紙)などに写してから使用すると、同じものを作る時に繰り返し使えるので便利ですよ!

■プリント面にお好みでレースやタグを縫いつけて、おしゃれにかわいく♪

■お肌が敏感な方は、オーガニックコットンや自然綿など、薬品加工を施していない素材がおススメです!

■金属アレルギーの方もスナップボタン選びには注意して下さいね!

■生地の性質上、お洗濯により縮みが発生します。
歪みの原因にもなりますので、生地を裁断する前に水通ししておきましょう!
(水通しを行う場合、使用する素材の水通しや地直しで検索してみて下さい)


 
オーガニックコットン 

■オーガニックコットンや自然綿・無漂白ネルなど、
薬品加工を施していない素材を使用する場合、生地に
油分が残っています。
水通しだけでは完全に油分は取りきれず、使いはじめは吸収力が足りないと感じることがあります。

洗濯を繰り返すことで、吸収力はアップしてきますが、
吸収力が気になる場合、生地を加工する前に煮洗い方法があります。

candyでは行っていないので、煮洗い後の生地の風合いなどがよくわかりません。
「生地 煮洗い」で検索してみてくださいね!
煮洗いをする場合、火の元ややけどには十分気を付けて下さいね


 
防水布 

■必要素材の中で、防水布が手に入らない場合、吸収体を何枚か重ねて作ることで、
防水布のいらない布ナプキンが作れます。こまめにチェックし交換することでモレは防げます。

■ホルダーを作る場合の防水布は入れた方がおススメですが、
パッドやプレーンタイプのナプキンをこまめに交換することでモレは防げます。

★交換のタイミングは、こまめにチェックすることで分かってくると思います ♪







布ナプキンの作り方 【裁断〜完成編】



それでは布ナプキンの作り方【裁断〜完成編】です
手作り初心者さんでも簡単に作れる、布ナプキンの作り方を紹介しています。
手縫いでもミシンでもどちらでもお好みな方法で作れます♪


 
ご注意 

■ロックミシン・手縫いでブランケットステッチ以外で作る場合は、
必ず縫い代を1p取って裁断をしてくださいね!

■ロックミシン・ブランケットステッチで仕上げる場合は、
型紙通りの大きさでカットしてOKです。

■プリント面にタグやレースを付ける場合、生地を縫い合わせる前に縫いつけておきましょう!


  生地を裁断します。

ここでは縫い代がいらない方法を記載しています。
縫い代が必要な場合は、必ず1pプラスでカットをしてくださいね。


■肌面 1枚
■吸収体 お好みで1〜3、4枚
■防水布 1枚 お好みで♪
■プリント面 1枚

上記の生地を縫い代なしでカットします。

画像は、防水布なしの吸収体2枚で作っています。
肌面はオーガニックコットンを使用していますが、
吸収体のネルでも構いません!お好みでどうぞ♪

  生地をを縫い合わせます。

生地を重ねる順番に注意しながら重ねて、
ふちどりを1周くるりと縫い合わせます。

ロックミシンがある方は、簡単にふちを仕上げることが出来ます!
手縫いの場合はふちどりをブランケットステッチで仕上げて下さい♪


★防水布を入れる場合は、吸収体とプリント面の間に入れて下さいね!

 スナップボタンを付ける

最後に指定の位置にボタンを付けて完成です!

お疲れさまでした♪

ブランケットステッチのやり方は
こちらからどうぞ♪